マジでうまい!!牛久の新商品「カレーコロッケ」


高槻で一番おいしい「カレーコロッケ」その理由は?


 

こんにちは。

大阪は高槻で。霜降り肉には惑わされず、本当にお肉として味わい深い

肉質にこだわった和牛”但馬玄”をメインに、毎日朝から手作りでつくるコロッケ

や各種揚げ物、自家製お惣菜などを販売している、町の精肉店を営んでおります、

店主ことフナさんです。

 

スポンサーリンク

 

今日は牛久の新しい仲間「カレーコロッケ」をご紹介!

早くも「今まで食べたカレーコロッケで一番うまいわ!」

といった声がちらほら聞こえてきました!

 

そんな今大注目の”牛久のカレーコロッケ”がなぜそんなにもおいしいのかに迫ります!

 

コストがものすごくかかっている

 

牛久のカレーコロッケがなぜ、高槻で一番おいしいと言えるのか。

それは、『とにかくコストがめちゃめちゃかかっているからです!』

こう語気を強めて語るのは、牛久の揚げ物を毎日丹精こめて作っている”小堆くん”。

 

「肉屋とか惣菜屋のカレーコロッケって、だいたいカレー粉入れるか、カレー味の種使うかでしょ。

まぁ大概のお店は出来合いの惣菜を仕入れてあげるだけでしょうけど。

でも、うちのはカレーを入れてますからね。

カレー粉じゃないですよ!カレーです!

ごはんの上にかけるあの”カレー”です!」

 

えっ!?・・・

 

カレーをそのまま入れちゃってるんですか!?

 

「はいっ。でないとカレー味じゃないでしょ。

カレー粉だとたしかにカレー風味にはなるけど、カレー味にはならないですよね?

カレーって何がうまいかって言うと、カレーと一緒に煮込んだ野菜とか肉とかのうま味が

カレーの中にいっぱい吹き出るからうまいんですよ!

カレー風味だとそこまでうまみは再現できない。だからいっそのことカレーを作って入れちゃってます!

それなら確実にうまいカレーコロッケができますから!」

 

と語ってくれたのが牛久の味をバチっといつも決めてくれている小堆くん。

そうなんです!牛久のカレーコロッケは「カレーをそのまま入れちゃってる」んです!

 

スポンサーリンク

 

 

牛久のもうひとつのこだわりは「アメ玉」

 

そりゃうまいって言われますよ。

なんてったって、原価も時間もめっちゃかけてるんですもん。

コストがめちゃくちゃかかっているって事がわかっていただけたと思いますが、

牛久のコロッケはそれだけじゃないんです。

 

もうひとつのうまい理由が、

『アメ玉』です!

 

なんのことかわかりますか??

 

これは、「あめ色玉ねぎ」です。

 

玉ねぎをみじん切りにして、フライパンでゆっくり、じっくりと炒めます。

玉ねぎがだんだんきつね色になっていくのですが、

こうなると甘みがグッと表に出てきて、コクがものすごく深まります。

香りも鼻にツンとくるのではなく、香ばしく、すこし甘みのある香りに。

 

じゃがいものでんぷん質の甘みと、玉ねぎの刺激のある甘み。

 

これらがミックスされる事によって、工場で作る惣菜コロッケとは

ひと味もふた味も違ってくるんですね。

 

 

大阪を代表するカレーコロッケに

 

このカレーコロッケ、販売してまだそんなに経っていないのですが、

ファンの増え方がちょっと今までとは違うなって印象です。

 

高槻で一番おいしいカレーコロッケだという自信はあるんですが、

もしかすると、大阪を代表できるかもしれない。

おこがましいですが、そんな気すらさせてくれる牛久の「カレーコロッケ」

 

高槻の新名物になるかも!

 

 

 

⇓高槻でお肉やコロッケの宅配を注文するならこちらから⇓

 

⇓大切な人や自分へのご褒美に牛久のギフトのご案内⇓

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Visited 31 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です